時短テクニック

仕事を効率化するパソコン時短術~ショートカットキーやコントロールキー

・同じような業務内容でも仕事がとても速い人、周りにいませんか?何をしているのかはわからないけど、パソコン操作の手さばきからして違いますよね?業務処理が早い方のほとんどがショートカットキーやPC時短術を使いこなしています。

・残業できない、したくない!という方は基本的な業務処理速度を上げることが定時上がりの近道の一つです。

いくつかまとめてみましたのでご覧ください。

 

仕事・デスクワーク効率化の近道はパソコン操作の時短!

パソコンの時短術を覚えることが、デスクワーク効率化に直結します。
基本的なことから解説していきます。おさらいの意味も含めて業務に取り入れられるものからマスターしていきましょう。

 

パソコン時短術①:キーボード操作で時短!

パソコン時短術の第一歩はキーボード操作であるとして、基本的なところから解説していきます。

ファンクションキー、ショートカットキーなどから解説します。

 

ファンクションキーを使いこなして時短!

キーボードの上部に「F1」~「F12」と記載されているキーがあります。初心者の方の場合、なんとなくスルーしている方が多いのではないでしょうか。

このキーは「ファンクションキー」といいます。様々な機能をこのファンクションキーで行うことが可能です。

良く使われる便利なものをまずは解説いたします。

 

コントロールキーを使いこなして時短!

「Ctrl」を軸にしたショートカットキーは多く存在します。まさにショートカットの基本であり、王道です。

まずはコントロールキーを使いこなすためにも以下の基本は抑えておきましょう。

「Ctrl」 + 「C」  対象をコピー

 

 

 

 

 

 

 

 

「Ctrl」 + 「V」  コピーした対象を貼りつけ

 

 

 

 

 

 

 

 

「Ctrl」 + 「X」 対象を切り取り

 

 

 

 

 

 

 

 

「Ctrl」 + 「A」  表示されている文字列、ファイルを全選択

 

 

 

 

 

 

 

 

「Ctrl」 + 「Z」 ひとつ前の動作に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

「Ctrl」 + 「Y」 前の動作を戻した後に、再び変更後の動作に戻す

 

 

 

 

 

 

 

 

「Ctrl」 + 「F」 文字検索ウィンドウを表示させる

 

 

 

 

 

 

 

このあたりは基本中の基本です。
まずは基本を押さえてコントロールキー+○で様々なショートカットが可能であることを理解しましょう。

過去の記事でエクセルの時短術もまとめているので併せて確認してください。

https://tanjikanworknokotsu.site/useful/仕事で役立つ!エクセル基本操作の時短術まと/ ‎

 

タイピングスピードを上げて時短!

早く仕事をする上で、重要なことがタイピングです。

人によっては1日数千回キーボードをたたいているという方もいるのではないでしょうか。文字をミスなく、早く入力できるようになればそれだけ業務スピードも向上し、生産性も上がります。

 

最近はブラウザで練習はできたり、動画で練習方法などもアップされているのでそちらを参考にするのも良いでしょう。

しかし、独学で練習を開始する前に、しっかりと基本を押さえる必要があります。

そのためにも、以下のような研修に参加するにもアリでしょう。

▼データ入力事務研修 ~タイピングと表作成入門編

https://www.insource.co.jp/setsugu/date-entry.html

 

■研修が受講できる人材派遣会社

 また、お仕事をする際に事前研修でタイピングを含めた様々な研修を受講できる人材派遣会社があります。

お仕事をする際に検討されてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

よく使う単語を登録・設定して時短!

タイピングのスピードが上がったら、さらに業務スピードを上げる方法として「辞書登録」があります。

日ごろメールを打つ際に必ず入れる「いつもお世話になっております。○○です」とか自社の住所(郵便番号含む)、電話番号など毎回使う単語はありますよね。

最近は少し入力をすると予測で変換され候補がすぐに出てくるのはほとんどですが、なかなか出てこなかったり、PCを変えたりすると出てこない、、、ということがあります。

そんなときに辞書登録をしておくと、すぐに候補が表示、変換されイライラがなくなりますよ。

※「Ctrlキー」+「F7」で「単語の登録」というウィンドウが表示されます。

いろいろと試してみましょう!

まとめ

さて、いくつかの時短テクニックをご紹介しました。今回は基本の部分のみのご紹介でしたが、時短をするにはまずは試してみることが重要です。

ぜひ、今回の時短テクニックをきっかけにして業務の効率化、スピードアップ、時短を実現してください。

あなたにぴったりの
時短勤務・派遣のお仕事
紹介します