お悩み働き方特集

時短勤務でのキャリアアップは可能か?育児との両立を果たすポイント

 会社の時短勤務制度を活用して、子育てと仕事(キャリア)の両立を目指してがんばっているものの、時短勤務だとなかなか思うように仕事を時間内に進められず、苦しさやうしろめたさを感じてしまいますよね。

 今回の以下の課題に対して深堀できればと思います。

・育児とビジネスキャリアを両立させるにはどうしたらいいのか?

・時短勤務でもキャリアアップは可能なのか?時短勤務の仕事効率化も含め考えてみましょう。

 

H2.時短勤務でキャリアダウン?育児との両立に立ちはだかる壁

昨今は育児休業の取得率が上昇傾向にあり、出産・育児を機に離職する人は減ってきています。

 

・2005年の女性の育児休業取得率は72.3%

 →2011年は87.8%

 →従業員数500人以上の企業では91.4%となっている。

また、育児休業者がいた事業所の割合は9割に迫る勢いとなっている。

▼引用元

 厚生労働省:平成29年度雇用均等基本調査 より

離職者が少なくなる一方で、時短勤務でのキャリアアップについて不安に思う声は多い状況です。

 

時短正社員ママのお悩み:40時間以上の労働時間の差

もともと1日8時間労働だった場合、6時間勤務とすると1日2時間の差。

月20日勤務だった場合,1ヶ月で40時間。フルタイムに換算すると5日分もの差となります。

さらに、子供が病気になったりすることも考慮すると、その差は40時間を超えてきます。

フルタイムの社員と同じような仕事の仕方をしていて、同じような成果を上げるのは困難であり、このままだとキャリアダウンという可能性も出てきてしまいます。

 

時短正社員ママのお悩み:やりがいのある仕事を任せてくれない、、、

時短勤務になるとこれまで任せてもらえていたような大事な仕事を割り振ってもらえなくなることもあります。

上司も、○○さんは時短社員だから出張はNGだな、、、とか、重い案件が持たせられないと時短社員に対しる先入観から、フルタイム勤務だったときと同じレベルでの仕事は任せてもらえなくなってしまうというケースも考えられるでしょう。

 

時短正社員ママのお悩み:同僚からの評価が下がる

「取引先で問題が起きたなど、肝心な時に帰っちゃうから、アテにならない」

「時短社員が早く帰ってしまうから、彼女がやるはずの校了作業を私が代わりにやらされた」

など、声に出さずとも同僚が感じてしまい、評価が下がることで、キャリアアップが遠ざかってしまうことも。。。

 

時短勤務ワーママのキャリアアップへの道

マイナスなことを記載してしまいましたが、これはあくまでフルタイム勤務だったときと同じ働き方、時間の使い方をしていた場合です。時短勤務でのキャリアアップをかなえる人は実際にいます。そのためのポイントを説明します。

業務効率化の徹底

勤務時間が短縮されることはどうしようもない事実ですが、仕事は本来、時間ではなく成果で評価されるものです。しかし、高度成長期、長時間労働=成果、美徳としてとらえられている風潮は根強く存在します。まずは自分自身の考え方を変えることが必要です。短時間でフルタイム同様、あるいは上回る成果を出すことは十分に可能であること。そのためにあらゆるテクニックや学びを活用することを心がけましょう。

限られた時間で業務をこなすための優先順位付けの徹底や、時短につながる仕事術を自分で模索していくこと、学びを積み重ねることが大切です。これは正社員か派遣社員か、キャリアアップを目指すか否かを問わず、育児と仕事の両立において重要です。

 

短時間ワークのコツ内にも時短テクニック、アイテムの紹介をしています。ぜひ参考にしてください。

■参考記事

・ビジネス用のおすすめ時短グッズをご紹介|デスクワーク作業の効率化に使える!

・時短勤務なのに残業で帰れない…ワーママが実践すべき仕事術を解説!

 

さらにスキルをさらに高めるには研修、講座に参加し、テクニックや学びを得ることも必要です。

■参考URL

 ・ストアカ  https://www.street-academy.com/

  ~趣味やビジネススキルを対面形式で気軽に学べる。入会金・月謝なし、1回から受講可能。教えると学ぶを

   つなぐ、日本最大級のスキルシェアサービス。~

 

 ・中央大学ビジネススクール https://www.chuo-u.ac.jp/academics/pro_graduateschool/business/

  大学も社会人向けにスクールを開放しています。本格的に受験しなくても、無料、あるいは安価に参加できる講座

  もあります。

 

■おススメの学びの手段

 学びは重要ですが、受講料などのコストも無視できない価格です。そこでおススメの手段があります。人材派遣会社に登録すると派遣会社が用意している研修に無料で受講できる場合があります。

 ▼高品質のスキルアップ研修が無料で受講できる人材派遣会社
   株式会社ダブルワークマネジメント「短時間ワーク」

 

 

上司や同僚とのコミュニケーション・キャリアプランの共有

 時短勤務を経てキャリアアップを目指すなら、思い切ってパートナーや上司に自身の目標を伝えてみましょう。

上司とも積極的にコミュニケーションをとり、自身のキャリアアップについて相談することは重要です。

上司としても、時短勤務社員にどこまで期待すべきか、悩んでいる場合は少なくありません。また時短勤務とうだけで、仕事を任せられないというバイアスに罹ってしまっている上司もいますので、時短勤務から先の目標を伝えることは、今後の仕事をどのように進めていくかをすりあわせる重要なコミュニケーションとなります。

仕事への熱意やモチベーション、今後のキャリアをどうしていきたいのかを共有し、実行へ向かうことで、同僚からの評価も高まってくることも期待できます。

 

まとめ

 育休、時短勤務制度の活用が徐々に増えている一方で、時短勤務時、その後のキャリアアップに悩む方も増えてきています。

自ら学びを重ね、スキルを磨き、時短勤務でもフルタイム勤務と同様、それ以上の成果を出すことを心がけることが重要であり、また時短勤務後のキャリアアップ、働き方について上司とコミュニケーションを取ることで上司だけでなく、同僚の理解も深まり、より生産性の高い仕事ができるようになるでしょう。

 

あなたにぴったりの
時短勤務・派遣のお仕事
紹介します