お役立ちお悩み働き方

時短勤務は入社してすぐに適用される?労使協定による対象外措置とは?

仕事を探す時に、条件に「時短勤務」を入れて検索する人も多いでしょう。育児や介護などとの両立を考えると、時短勤務という条件は譲れない、というのはよくあることかと思います。では実際に、新しい会社への入社後すぐに時短勤務を認めてもらうことは可能なのでしょうか?

会社は「育児介護休業法」という法律により、時短勤務制度の設置を義務付けられています。ですが、すぐにこちらが適用されるものなのでしょうか?詳しく解説していきます。

時短勤務は入社してすぐに適用される?

育児短時間勤務とは、3歳に満たない子を養育する従業員が申し出ることにより、所定労働時間を6時間に短縮することができるという制度です。しかし、入社後すぐの段階では、その申し出を断られる可能性が高いです。 一体なぜ断られてしまうのでしょうか。その理由を見ていきましょう。

育児短時間勤務の適用条件に含まれる「労使協定」

時短勤務の制度は、厚生労働省「育児介護休業法」の「育児のための所定労働時間短縮の措置」によって定められています。ただし、その適用条件として、「対象労働者」の欄に労使協定により対象外になる労働者の項目が設けられています。つまり、短時間勤務制度を使えない人もいるということです。その対象者は以下になります。

  • 入社1年未満の労働者
  • 1週間の所定労働日数が2日以下の労働者
  • 業務の性質又は業務の実施体制に照らして、短時間勤務制度を講ずることが困難と認められる業務に従事する労働者

入社してすぐの時短勤務に関しては法律で担保されていないため、実際には、入社して1年が経たないと短時間制度を利用できないことは多いです。会社には申し出を承認する義務はないため、たとえ申し出ても、断られてしまう可能性も高いです。

また、同様に介護のための時短勤務の適用条件も、入社1年未満の労働者は労使協定により対象外となっています。もちろん会社によって異なりますが、会社の義務としては、あくまで1年以上雇用している人が対象という形になります。

入社すぐでも時短勤務利用を認めてくれる会社もあるが…

とはいえ、申請が通る会社もあります。入社してすぐに時短勤務制度を利用できるかどうかは、結局は会社次第です。 つまり、会社が時短勤務でも良いと言えば、時短勤務が可能になります。ですが、会社側からすると、『求人票に掲載した勤務時間を了承して応募してきた人』に、入社後にいきなり時短勤務のことを言い出されると、『他の人を採用すれば良かった・・・』ということにもなりかねません。もちろん、入社してからどうしても介護が必要になる場合などもあります。ただし、そのような場合は、会社もあなたもどちらも得をしない結果になる可能性があるので、慎重に考えましょう。

もし、時短勤務が必要になることが前もってわかっているのであれば、「時短制度があるなら利用したいと思っている」と面接時に伝えることをおすすめします。「週2回だけ時短が必要になりそうなのですが、他の日は全力で働けます」など、一生懸命働きたい旨を伝えると、了承を得たうえで入社できる可能性もあります。 入社後の突然の申し出は避けるほうが無難です。

入社すぐの時短勤務の意向を面接時に話すと不採用になる?

実際のところはどうなのでしょうか。人事の意見としてはこういった話もある、という意味で、例をご紹介いたします。

何人か同じように正社員でいきなり時短したいという主婦の方やシングルマザーの方に応募いただきました。ただ正直、聞かれた時点で採用候補から外していたのが現実です。入社してすぐ会社で決められた時間働けない間を採用するメリットが何一つとして無いからです。もし時短でも会社にとって必要なスキルを持っているのであれば別ですが、基本的には外していました。

酷に思えますが、多くの企業の声としてはこれが現実なのかもしれません。

1年間のフルタイム勤務を耐えられないのなら派遣の短時間ワーク

入社から1年経たないと、時短勤務制度を取得することはなかなか難しいことがわかりました。時短勤務を希望する場合、確実に取得するためには下記の2パターンしか選択肢はありません。

  • 1年間フルタイム勤務で頑張る
  • 正社員にこだわらず派遣での時短勤務をする

1年待てず、どうしても厳しいという場合は、ある一定の期間だけ短時間派遣などで働き、フルタイムで動けるようになってから正社員になるというのもひとつの方法です。自分のスキルを活かせる仕事は、派遣でもたくさんあるはずです。 もし悩んでいるのであれば、一度案件を探してみるとよいでしょう。

短時間ワーク

派遣だから給料がかなり下がる、という時代ではなくなっています。 ワーキングママの中で、時短が必要な期間は派遣で働き、フルで働けるようになったタイミングで正社員として働き始めたという人も実際にいます。人事の採用業務を派遣の時代から行なっていたので、問題なく正社員になることができたケースなどです。

つまり、ある一定のスキルや専門性を持っていれば、良い会社は見つかる時代なのです。 ライフワークバランスで悩むのであれば、働き方にはさまざまな選択肢もあることを、頭に入れておきましょう。子どもにとって重要なのは、まず愛情と、そして親が楽しそうに生きていること。これに尽きるといっても過言ではありません。

まとめ

  • 時短勤務は、法律上は1年以上勤務していないと適用されない
  • 時短勤務が前提の転職は、可能ではあるが難しいケースが多く、受け入れる会社も少ない
  • 転職する際に、時短したい旨を伝えることは重要であるが、採用されないケースが多い

時短勤務にこだわるのであれば、正社員としてだけの働き方だけでなく、派遣という働き方もあります。派遣でもオフィスワークの仕事はたくさんあるため、今後の充実した生活に向けて、新しい働き方を検討してみるのもおすすめです。

あなたにぴったりの
時短勤務・派遣のお仕事
紹介します